オートコールについて

ブーストアセットは、顧客の事業をよりいっそう確かなものに実現することが私たちの使命であると考えています。 単に不動産情報や不動産の投資判断などのアドバイスだけでは、顧客からの真の満足を得ることはできません。

物を生産したり賃貸物件を建設すれば収益性が上がるという プロダクトアウトの志向より、コンシューマーやユーザーの求める商品やサービスを生産し、需要と採算性がある不動産の取得(建設)のマーケット・インの発想が必要です。

ブーストアセットでは、顧客の事業やライフプランの成功のために、「オートコール」を活用したマーケティングのサポートをさせていただきます。

オートコールとは?

人に代わってパソコンが自動的に電話をかけ、肉声メッセージを送り、お客様に回答頂く…。
その結果を分析して営業に結びつける、ビジネス支援ツールです。
外注費、人件費を削減でき、システムが自動で電話をかけ続けるため、能率も一定です。

13.8MB/3分36秒
オートコールを活用すれば…
  • 不特定多数を特定多数の見込み客にセグメント
  • 指定リストからより密度の高い見込み客をセグメント
  • 購入予定の確認
  • 購買意欲喚起
  • チラシ・DM・新聞広告等のメディアサポート
  • 展示会やイベントへの来場促進
  • 新規開店のお知らせ
  • 売り出しや新商品のお知らせ
  • 地域情報のお知らせ
  • キャンペーン案内
  • ABC分析に基づく個別アプローチ
  • 期限の迫った会員に継続更新
  • リピート注文の促進
  • 購買サイクルによる定期的アプローチ
  • 休眠顧客の掘り起こし
  • 実態調査・意識調査
  • 認知度調査
  • 広告の効果測定
  • 商圏調査
  • 売れ行き調査
  • 選挙調査
どうしてオートコールなの?
圧倒的な低コストマーケティング

CTI(コンピューター・テレフォニー・インテグレーション)による、電話オペレーション不要のシステムにより、オペレーター式テレマーケティングの約1/4〜1/10の低コストで導入できます。

業界別のノウハウが提供できる実績

さまざまな業種・業態の実施事例が備っており、メッセージの台本(スクリプト)から、システムの使用方法に至るまで効果を生むノウハウを提供しています。

受け手に主導権、警戒心を与えない

営業マンやオペレーターから電話は、相手が人間のため電話を切りにくくまた、強引なセールス電話が多いため、顧客に余計な警戒心を与えます。当社のシステムでは、録音の音声を使用し、冒頭「に「録音によるお知らせですので、ご興味のない方は電話をお切り下さい…」等を伝える事で相手に安心感を与える有効な反応を引き出し、またクレームの発生も防ぎます。

大量のコールをスピーディに処理

「1システムで1日8,000件」、「弊社ネットワークによる代行サービスの利用で1日50万件以上」のコールと即日集計可能。標準化パッケージシステムなので、企画から実施までも短時間で行えます。

正確なレスポンス

電話の受け手に主導権がある企画なのでお客様の「ホンネ」が伺えます。
(選挙の支持率調査の誤差、約3% )

オートコール活用例

140業種・業態以上のノウハウを所有しているので、様々な調査・企画に対応可能です。

  項目 内容・目的
見込客発掘 見込客の発掘・選定 不特定多数を特定多数の見込客にセグメント、指定リストからより密度の高い見込客をセグメント
商品購入意欲の確認 購入予定の確認、購買意欲喚起
集客 メディアミックス 新聞広告・チラシ・DM等メディアのフォロー
来場誘致 新規開店のお知らせ、売り出し・新商品のお知らせ
展示会・イベントへの来場促進
顧客管理 代金回収告知 未払未納者・売掛金など回収の予告電話
継続促進 商品の継続販売につなげる顧客フォロー、期限の迫った会員に継続勧奨
復活促進 休眠顧客の活性化、期限切れ会員に復活勧奨
買い替え促進 購買頻度アップ・再注文の促進・購買サイクルによる定期的アプローチ
データベース構築 戦略立案時の利用、顧客管理の充実化
購入のお礼 ご来店ありがとうコール
購入者へ上司からお礼コール
販売後のフォローの充実 季節商品や新商品の案内、キャンペーン案内、サービス情報案内
メンテナンスサービスの徹底化 車検・整備点検案内、保険の満期通知、保証期間満期の案内
市場調査 選挙調査 候補者の支持率や住民意識を的確に調査
実態調査 商品又はサービスの利用状況(年代・階層別等)、利用意向・未利用理由・満足殿実態を探る
意識調査 商品又は企業イメージなどの意識を探る
認知度調査 企業名・商品の認知度を探る
効果測定調査 広告・チラシ・ポスターなどの効果を探る
オートコール導入例
タイムリー性に注目、実施店鋪では30%増
5.1MB/2分14秒

大手ドラッグストア様でのご導入例
チラシやDMでは完成までに最低二週程度の納期がかかりますが、オートコンタクトシステムであれば、ライバル店がチラシを打ったその日により安い、魅力的な内容で広告をかけること ができます。またポイント2倍の日にこのシステムで告知を行ったところ、30%の売上増に結びつきました。今後も検証を重ね、増設等も検討しています。

魚が網に掛かるが如く、見込み客発掘に活用
4.9MB/2分13秒

リフォーム店様でのご導入例
アポイントを取ることが一番難しいですが、オートコンタクトシステムが見込みのある客をリストアップしてくれます。新規のお客様を一から探すのに比べ、オートコンタクトで興味があると答えた人に営業に行くことができるため、アポ取りの手間と無駄な営業活動が減り、効率は飛躍的に上がりました。さらなる活用法を社員とともに模索しています。

声のDNは高反応、お店の宣伝に活用
5.4MB/2分25秒

宅配寿司様でのご導入例
宅配寿司は実際の店舗がないために、ご近所の方に知って頂かないことには何も始まりません。チラシやDMをまき続けていましたが、オートコンタクトでメニュー送付希望者を見つけ、「プレゼントの貰える合言葉」などをご案内したら、電話をかけていない方からもご注文を頂きました。合言葉が口コミで噂になっていたそうです。声が贈れるこのシステムには他のメディアにはない浸透力が確実にあると言えます。

オートコールQ&A
オートコールQ&A

普通に人間が電話を掛ける場合でも、掛ける日時や時間帯を考えたり、何度もコールして出なければ電話を切る事で、問題を回避すると思います。オートコールにおいても同様に、掛ける日時・時間帯を設定する事が出来ます。各日ごとに30分単位で時間設定が出来ます。なおかつ、コール回数も3回から99回の間で自由に設定する事が可能です。留守番電話が電話を取った場合も通話内容を短縮し、電話をした事に関する謝辞だけをし、電話を切る様に設定する事も可能です。使う側の正しい選択によって、相手にはご迷惑をお掛けする事は無くなります。


オートコールQ&A

聞きたい人だけしか聞きません。ですから、一人でも多くの人が“聞いてみたい”もしくは“聞かないといけない”と考える内容を流さなければいけません。通話の最初に、『(自分が)誰で』,『何のために』電話しているのか、を明確に、端的に述べ、その上で、内容を聴く事によって聞く側がどれだけの恩恵・メリットを得られるのか?を伝えます。その内容に賛同してくれた方が聞いてくれる人です。そのため、少しでも多くの方にメッセージを伝えるために出来る限りの事を行なって、少しでも魅力のある内容を作成する必要があります。安心感を持って聞く事が出来、魅力ある内容であれば、多くの人が聞いてくれます。